LOADING

見えない目撃者

CAST & STAFF

CAST

吉岡里帆 浜中なつめ

過去の事故で自身の視力と
最愛の弟を失った元女性警察官。
車の接触事故現場で得た情報から、
女子高生誘拐事件を疑い、追い始める。

PROFILE

1993年1月15日生まれ。京都府出身。女優として映画、ドラマを中心に話題作に出演し活躍している。これまでの代表的な出演作として、ドラマでは、連続テレビ小説「あさが来た」(15/NHK)、「ゆとりですがなにか」(16/NTV)、「カルテット」(17/TBS)、「きみが心に棲みついた」(18/TBS)、「健康で文化的な最低限度の生活」(18/KTV)、映画では、『音量上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(18)、『パラレルワールド・ラブストーリー』(19)、『ホットギミック ガールミーツボーイ』(19)などに出演。
パル

高杉真宙 国崎春馬

感情を表に出さず
他人に対して無関心な高校生。
車の接触事故をきっかけに、
なつめと共に事件へと立ち向かう。

PROFILE

1996年7月4日生まれ。福岡県出身。舞台「エブリリトルシング’09」(09)で俳優デビュー以降、映画やドラマ、CMと幅広く活躍している。これまでの代表的な出演作として、ドラマでは、「表参道高校合唱部!」(15/TBS)、「カッコウの卵は誰のもの」(16/WOWOW)、映画では、『トリガール!』(17)、『散歩する侵略者』(17)、『虹色デイズ』(18)、『ギャングース』(18)、『劇場版アニメ「君の膵臓が食べたい」』(18) ※声での出演 など話題作に多数出演している。2019年は『十二人の死にたい子どもたち』(1月)『笑顔の向こうに』(2月)『賭ケグルイ』(5月)に出演。

大倉孝二 吉野直樹

長者町警察署刑事一課・強行犯係の刑事。

PROFILE

1974年7月18日生まれ。東京都出身。1995年に劇団ナイロン100℃に入団し、舞台に初出演以降、個性派俳優として舞台や映画を中心に活躍している。近年の映画出演作に、『DESTINY鎌倉ものがたり』(17)、『空飛ぶタイヤ』(18)、『検察側の罪人』(18)、『人魚の眠る家』(18)などがあり、公開待機作として『ロマンスドール』(19)が控えている。

浅香航大 日下部翔

長者町警察署生活安全課・少年係に所属。

PROFILE

1992年8月24日生まれ。神奈川県出身。 2008年より俳優活動を始める。『桐島、部活やめるってよ』(12)で映画初出演を果たし、近年の映画出演作に、『悪の教典』(12)、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13)、『俳優 亀岡拓次』(16)、『太陽を掴め』(16)、『南瓜とマヨネーズ』(17)などがあり、2019年は『チア男子!!』(5月)に出演。

酒向 芳 高橋修作

長者町警察署刑事一課・強行犯係の係長で、木村の上司。

PROFILE

1958年11月15日生まれ。岐阜県出身。オンシアター自由劇場に入団し、舞台俳優としてキャリアを積む。近年では数多くの話題作に出演し、ドラマでは「集団左遷」(19/TBS)、映画では『嘘を愛する女』(18)、『ちはやふる-結び-』(18)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(18)などがあり、『検察側の罪人』(18)で演じた被疑者役の怪演が脚光を浴びる。

國村 隼 平山 隆

定年退職をした元刑事。
担当した15年前の猟奇事件が、今回の事件に深く関わっていると知らされる。

PROFILE

1955年11月16日生まれ。大阪府出身。 映画『ガキ帝国』(81)で映画デビュー。その後、国内外問わず、数多くの映画作品に出演。『哭声/ コクソン』(17)では韓国・青龍映画賞の男優助演賞と人気スター賞の2部門受賞。近年の映画出演作品に、『忍びの国』(17)、『マンハント』 (18)、『パンク侍、斬られて候』(18)、『かぞくいろ』(18)など。2019年公開作は『アルキメデスの大戦』など。

渡辺大知 横山 司

春馬の先輩で、個人情報などを持つ名簿屋。

PROFILE

1990年8月8日生まれ。兵庫県出身。2010年にロックバンド「黒猫チェルシー」でメジャーデビュー。音楽活動と並行して、『色即ぜねれいしょん』(09)で映画デビュー以降、近年では『くちびるに歌を』(15)、『勝手にふるえてろ』(17)、『寝ても覚めても』(18)、『ギャングース』(18)などに出演し俳優としても活躍している。公開待機作に主演映画「僕の好きな女の子」(20)などが控えている。

栁俊太郎 桐野圭一

家出した女子高校生たちが崇める
「救様」として捜査線上に浮かぶ風俗スカウトマン。

PROFILE

1991年5月16日生まれ。宮城県出身。第24回MEN’S NON-NOモデルグランプリを受賞し、同誌専属モデルとしてレギュラー出演中(09〜)。近年の出演作に、『ストレイヤーズ・クロニクル』(15)、『東京喰種』(17)、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(17)、『勝手にふるえてろ』(17)、『チェリーボーイズ』(18)などがあり、2019年は『LAPSE-SIN』(2月)、『東京喰種【S】』(7月)などに出演。

松大航也 浜中大樹

主人公・なつめの弟。なつめが運転する車に同乗し三年前に事故死。

PROFILE

1999年9月4日生まれ。三重県出身。地元でのスカウトをきっかけに芸能界入り。「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」(17/CX)でドラマデビュー以降も複数作品への出演が続き、舞台「Starting Over」(18)や舞台「暁の帝」シリーズ(18・19)などドラマや舞台を中心に活躍している。また、BS時代劇「螢草」(19・7~9月/NHK)への出演など活躍の幅を広げ、本作にて映画デビューを果たす。

松田美由紀 浜中満代

なつめの母親。
過去に苦しむなつめを心配し、優しく包み込む。

PROFILE

10月6日生まれ。東京都出身。1979年に映画デビュー。同年「探偵物語」(79/NTV)出演を機に、映画とテレビなどで活躍。2005年には初舞台 『ドレッサー』(05)にも挑戦、演劇にも活躍の幅を広げている。主な映画出演作に『2つ目の窓』(14)、『ホットロード』(14)、『ラブ&ピース』 (15)、『ボクは坊さん。』(15)、『ちはやふる』シリーズ(16・16・18)などがある。近年はシャンソン歌手としても公演を行う。

田口トモロヲ 木村友一

長者町警察署刑事一課・強行犯係の刑事。
なつめの少女たちを救うまで諦めない姿勢に突き動かされ共に事件を追う。

PROFILE

1957年11月30日生まれ。東京都出身。 主演映画「鉄男」(89/塚本晋也監督)で注目を浴び、以後、俳優、監督、ナレーター、ミュージシャンとして幅広く活躍している。近年の映画出演作に『探偵はBARにいる』シリーズ(11・13・17)、『孤狼の血』(18)、『終わった人』(18)などがあり、2019年は『パラレルワールド・ラブストーリー』(5月)に出演。
STAFF
  • 監督 森 淳一

    ROBOT所属。1967年生まれ、東京都出身。2002年オリジナル脚本『Laundry』(原作・脚本・監督)で長編映画デビュー。脚本はサンダンス・NHK国際映像作家賞日本部門を受賞し、完成した作品も第25回モントリオール世界映画祭をはじめ、ハワイ映画祭等に招聘された。 橋本愛主演『リトル・フォレスト』(14、15)では、そのみずみずしくも独特の世界観が話題となる。2009年伊坂幸太郎原作『重力ピエロ』や、2018年ドラマW「イアリー」、hulu「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」などの人間の内面を抉り取るようなサスペンスも得意とする。

  • 脚本 藤井清美

    1971年生まれ。徳島県で育つ。筑波大学在学中の1993年に劇団青年座文芸部に入団後、劇作家・演出家として活躍。「The Last 10 months 〜10か月〜」(00)で日本テレビシナリオ登龍門優秀賞を受賞し、映像の世界にも活躍の幅を広げる。最近では小説やエッセイの執筆も行っている。ドラマでは『恋愛時代』(15)、『ウツボカズラの夢』(17)、『執事西園寺の名推理2』(19)など。映画では、『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(10)や『るろうに剣心』シリーズ(12、14)、『ミュージアム』(16)といったヒット作品の脚本を手掛けている。

  • プロデューサー 小出真佐樹

    1967年生まれ。東映の宣伝業務を経て、2001年『Laundry』配給業を機にROBOTに入社。企画・プロデューサーを務めた『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)で上半期実写日本映画ナンバー1(最終興収24億円、動員180万人)を記録、エランドール賞プロデューサー奨励賞を受賞した。

  • 撮影 高木風太

    1981年生まれ。大阪芸術大学卒業。大学在学時よりインディペンデント映画の撮影に携わる。主な作品に、『君と歩こう』(10)、『恋の渦』(13)、『味園ユニバース』(15)、『セトウツミ』(16)、『不能犯』(18)、『ハード・コア』(18)、『赤い雪Red Snow』(19)、『小さな恋のうた』(19)がある。

  • 美術 禪洲幸久

    1968年生まれ。2006年に、『酒井家のしあわせ』で美術担当としてデビュー。主な作品に、『リトル・フォレスト 夏/秋』(14)、『リトル・フォレスト 冬/春』(15)、『幕が上がる』(15)、『亜人』(17)、『パンとバスと2度目の初恋』(18)、『曇天に笑う』(18)、『愛がなんだ』(19)、『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』(19)がある。

  • 照明 藤井 勇

    1970年生まれ。日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。主な作品に、『天然コケッコー』(07)、『パーマネント野ばら』(10)、『海炭市叙景』(10)、『桐島、部活やめるってよ』(12)、『横道世之介』(13)、『そこのみにて光輝く』(14)、『葛城事件』(16)など。『万引き家族』(18)で第42回日本アカデミー賞最優秀照明賞を受賞。

  • 録音 竹内久史

    1978年生まれ。『スウィングガールズ』(04)や『ALWAYS 三丁目の夕日』(05)などの録音助手を経て、2015年『味園ユニバース』で録音技師デビュー。『裏切りの街』(16)、『金メダル男』(16)、『暗黒女子』(17)、『君が君で君だ』(18)、『ハード・コア』(18)、『ちはやふる-結び-』(18)、『デイアンドナイト』(19)がある。

  • 編集 瀧田隆一

    1983年生まれ。日本映画学校(現・日本映画大学)卒業後、2008年にアクティブ シネ クラブ入社。主な作品に、『リトル・フォレスト 夏/秋』(14)、『リトル・フォレスト 冬/春』(15)、『俺物語!!』(15)、『orange-オレンジ-』(15)、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(17)がある。

  • 音楽 大間々昂

    1988年生まれ。洗足学園音楽大学卒業。映画・ドラマ・アニメ・CMなど幅広いジャンルで活躍している。主な作品に、『愚行録』(17)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影』(17)、『スマホを落としただけなのに』(18)、ドラマW「イアリー 見えない顔」(18/WOWOW)など。

  • ドッグトレーナー 宮 忠臣

    1945年生まれ。宮訓練所の代表。北海道稚内の「動物ふれあいランド」所長を兼務。 主な作品は、『南極物語』(83)、『ハチ公物語』(87)、『クイール』(04)、『マリと子犬の物語』(07)、『犬と私の10の約束』(08)、『ひまわりと子犬の7日間』(13)などがあり、これまでの映画界の功績が認められ、第32回日本アカデミー賞協会特別賞を受賞。

  • 警察監修 石坂隆昌

    1962年生まれ。主な作品は、ドラマでは「小さな巨人」(17/TBS)、「相棒 Season16」(17~18/EX)、「アンナチュラル」(18/TBS)、「疑惑」(19/EX)、「砂の器」(19/CX)など、映画では『孤狼の血』(18)、『轢き逃げ-最高の最悪な日-』(19)などがある。本作のメガホンをとった森淳一監督作品には、ドラマ「イアリー 見えない顔」(18/WOWOW)にて監修協力で参加。

  • 視覚障害取材協力 平野恒雄/鈴木千秋

    刑事ドラマでも活躍した平野恒雄が1998年12月に「劇団ふぁんハウス」を設立。作・演出を団長の平野が行い、障害者と健常者の垣根のない「本物の芝居」を追及している。 作り出す舞台公演では、会場へ足を運ぶ為のガイドヘルプや音声ガイドなどのサービスも充実しており、本当の意味での“バリアフリー劇団”である。